こんにちは、からまるです。

昨日のエントリの続きです。金沢21世紀美術館の開館が1年半後にせまり、どうやらこの美術館は世界中からワケのわからない「現代アート」を収集しているらしいことが明らかになってきます。当時、2003年3月の北國新聞解説欄の記事がすごい。こんな感じだったのでした。

「伝統や地域性のない無国籍な現代アートに大幅に軸足を置く方向では、苦境に立つ各地の現代美術館の二の舞にもなりかねない」

現代アートにお客など来るわけがない。ぜったい失敗するに決まっている。税金を投入して大丈夫なのか。そういう主張が透けて見えるような言説ですね。しかし開館してみると、その斬新な建築とともに大きな話題となり、翌年度に130万人ものお客が押し寄せる事態となりました。反対派はトーンダウンしていったそうです。

そういうタイミングでの、著者・秋元雄史さんの館長着任。開館は成功だったとしても、開館前のバトルの構造、国際的現代アート界と地元伝統工芸界の、現代対伝統のバトルはずっと残ったままでした。しかしもちろん、どちからが優れているとか劣っているとかを争う問題ではありません。両者をどう橋渡すか。そこから秋元さんの奮闘が始まりました。あっとおどろく試みの数々は、ぜひ本書でお楽しみくだい。

こんにちは、からまるです。

昨日のエントリの続きです。『おどろきの金沢』の原稿整理をしている段階で調べたのですが、金沢21世紀美術館建設までに、金沢市議会や石川県の有力新聞・北國新聞紙上で、現代美術の「現代」なるものをめぐって、市民たちと開館準備側とのあいだに激しい攻防があったことが、当時の議事録や紙面から窺えました。

もともと金沢市の人たちにとって「現代美術」とは、「現代美術展」という名の石川県展を指したのだそうです。地元作家が新しく描いた作品を展示する「県展」ですね。しかし、もちろん開館準備側のコンセプトは「世界の現代アート」です。ここまで真っ向から違うものであると気付いたとき、金沢の人たちは「愕然としたのではないだろうか」と秋元さんは本で書いています。あちこちから批判が噴出するのでした。

こんにちは、からまるです。

先週すこしだけ紹介した秋元雄史さんの新刊『おどろきの金沢』。とてもシンプルなタイトルになりましたが、ではそもそも何がそんなに「おどろき」なのか。秋元さんが金沢21世紀美術館の館長として金沢に移住し、その後感じ続けた「おどろき」をそのまま目次にしました。以下のような感じです。

第一章 金沢21世紀美術館の嫌われぶりにおどろく
第二章 伝統と現代のバトルにおどろく
第三章 工芸の過激さにおどろく
第四章 城下町のプライドにおどろく
第五章 金沢人のかっこよさにおどろく
第六章 金沢をめざす若い才能におどろく

おどろいてばっかりやんか!と思われるくらいの、おどろき尽くしですよね。開館から3年経って秋元さんが着任した時点ではわからなかった、金沢21世紀美術館に対する金沢市民の冷たい視線。それは、美術館がコレクションしている現代アートの「現代」の部分に対する、美術館側と市民側との認識の違いのためだったそうです。

金沢21世紀美術館は開館半年で68万人と、とても現代アートの美術館とは思えないほど大勢の入場者を集めました。これは成功以外のなにものでもないと思うのに、なぜ? そこには第二章の見出しになっている「伝統と現代のバトル」が横たわっていたのでした。

ブックライター塾新文化記事.jpgこんにちは、からまるです。

5月18日発行の業界紙「新文化」4面に、「「ブックライター塾」28人終了/上阪徹氏がハウツー伝授」が掲載されていました。じつは最終回の13日に新文化の方がいらして、聴講されたのでした。どうもありがとうございました!

また、第3期でも行ったのですが、今期もスペシャルゲストをお招きした上阪さんによる公開インタビューを「現代ビジネス」の記事にする企画に、18人にものぼる多数の塾生さんが参加してくれていたのですが、実際に公開する原稿が決まりました。どんな記事なのか、後日、お知らせしますね。

こんにちは、からまるです。

来月、久しぶりに新刊を出します。2月に出して以来だから4ヵ月ぶりです(そんなペースでいいんですかね!?と言われそうですが)。

以前、この日記で金沢に行ったことを書きました。はい、今度の新刊は金沢の本なのです。タイトルは『おどろきの金沢』、著者は現在、金沢21世紀美術館の特任館長を務めておられる秋元雄史さん、+α新書6月の新刊です。

金沢の何がそんなに「おどろき」なのか。金沢とは地縁のない、まったくよそ者の秋元さんが、金沢21世紀美術館の館長として10年暮らして見聞きしたあれこれを綴りました。その無類の面白さを来週、書きたいと思います。

     *     *

明日はバタバタになり、来週月曜日は休む予定でして、この日記は来週火曜日に!

こんにちは、からまるです。

選ばれ続ける必然.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像昨年8月に刊行した佐藤圭一さんの『選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方』(+α新書)の2刷が決まりました。なんと刊行してから9ヵ月経っての重版です。ものすごい部数が売れているわけではないけれど、本書が長く読まれ、愛され、信用されている証だと思います。いや~よかった、よかった。

本書の目次を再掲しておきましょう。

はじめに お客様は何を基準にして選ぶか?
第1章 あなたの会社はズレていませんか?
第2章 お客様との接触ポイントに気配りしていますか?
第3章 社員は自社の魅力を語れますか?
第4章 会社の魅力をどこから見つけますか?
第5章 自社の「あるべき姿」は明確ですか?
第6章 自社の「あるべき姿」を言葉にできますか?
第7章 自社の「あるべき姿」を見える化していますか?
第8章 「あるべき姿」を社内で共有できますか?

何を基準に選ばれているのか、その基準と自社はズレていない? この疑問から始まり、お客からの見え方を本当にどれだけ客観視できているか(これがむずかしいから企業不祥事が起きる)。「私たちはこういう会社です」という宣言がブランディングだと思われていますが、それがお客からの見え方と一致しなければ、一方通行の宣伝です。自社の魅力とお客が感じる魅力をどう一致させればいいかが見えてくる、いい目次だと思いません? 今後もブランディングの入門書として読み継がれてほしい!

こんにちは、からまるです。

お知り合い本のご紹介です。ライターの佐藤友美さんが書いた2冊目の一般書、『道を継ぐ』という本です(アタシ社)。49歳の若さでスキルス胃がんにより亡くなった美容師・鈴木三枝子さんの評伝。鈴木さんの生涯を追うのではなく、その異名となった「伝説の美容師」の仕事人生を、彼女を知る191人にインタビューした上で書いたノンフィクションです。

美容業界にはまったくなじみがないからまるは、鈴木さんの評判を聞いたことがありません。名前を見るのは初めてです。本書を読むと、鈴木さんは気性が激しくも他人思いの人だったようです。第5章の見出しが「怒濤の叱られ自慢」となっているごとく、インタビュイーの人たちが、いかに鈴木さんに強烈にダメ出しされたかを、競うようにうれしそうに語ったというのが印象的です。「自分で自分の器の大きさを決めるな」とも鈴木さんはよく叱ったそうですから、彼女がいてこそ現在の高いレベルにあると、指導を受けた多くの美容師が感じているのでしょう。そういう叱り系の人、本当に減ったような気がします。

佐藤さんの書きっぷりも素晴らしい。191人のインタビューというからには、膨大な証言データが手元にあったはずです。それらをここまでそぎ落として骨太のストーリーを紡ぎ出したのは、彼女の手腕だったからこそだと思います。いい本ができました。

こんにちは、からまるです。

上阪徹のブックライター塾第4期が、一昨日土曜日で終わりました。今回もからまるは最終課題の1万字原稿を読みまくりました。比較的粒ぞろいだったのが、今期の特徴だったかもしれません。28人の受講生のみなさん、お疲れ様でした! 新たなスタートラインに立ったつもりで頑張ってほしいと思います。

卒塾式仮面写真ブログ用.jpg写真は修了式直後の記念写真で、スタッフ含む全員が上阪さんのトレードマークである赤いメガネを装着! これは塾生さんの発案による、赤い紙でつくったサプライズ企画でした。センスいいですね!

さて、いま20人近い有志の方々に、課題とはちがう実践に取り組んでもらっています。じつは今期2回目の講義で行った上阪さんの公開インタビューは、ダイヤモンド社の石田哲哉社長でした。な、なんで講談社で他社の出版社の社長をインタビューする!?というサプライズ企画でもあったわけですが、そのときのインタビューの記事化に、有志のみなさんが取り組んでいるのです。石田さんの話が編集者の心にまっすぐ届くものだったので、それがどれだけ再現されているか、これも楽しみです。

4期までで、ブックライター塾の卒塾生は100人を突破しました。いまや業界一大勢力(?)になりました。このパワーがきっと業界を明るくしてくれるでしょう!

こんにちは、からまるです。

なんと2週間も日記を書くのをサボってしまいました。いかんですねー。今日から毎日書くように、心を入れ替えたいと思います。

それというのも、今朝、とびきりうれしい出来事があったからです。からまるの知り合いが初めて書いた記事が、これまた知り合いのプロデュースによって東洋経済オンラインにアップされ、あっという間にアクセスランキング1位に。「いいね!」も今の時点で2000を超えています。まったくのライターデビュー作なのに。

その記事のタイトルは、「ヤマト元社員が訴える「宅配現場」本当の疲弊 未払い残業代を払い値上げしても解決しない」。ペンネーム二階堂運人さんは、つい最近までヤマト運輸の社員として、日々トラックで配達をしていました。それだけに記述がリアル、迫力がちがいます。また、「ヤマトという会社は昔から「世の中を味方につける」ことが抜群にうまい」から始まる一節は、新聞を読んでいるだけではわからない、ヤマト運輸という会社の素顔を垣間見るようです。

こうして、トラックのハンドルを握っていた男が「物流ライター」として鮮やかなデビューを果たしたのでした。

こんにちは、からまるです。

仕事の資料として、Google X(現在はX)の幹部であるMo Gawdatの"Solve for Happy: Engineer Your Path to Joy"という本をすこしずつ読んでいます。クレイトン・クリステンセンの『イノベーション・オブ・ライフ』のグーグル版ともいわれる、先月出たばかりの本です。21歳の最愛の息子を手術のミスで亡くした悲しみを、それ以前から考えていた「Solve for Happy」でまさに解決していく物語であり、自己啓発書です。

その趣旨とは関係ないのですが、本書のイントロダンションにこんなフレーズがあります。

When you commit to a moonshot, you fall in love with the problem, not the product.

「moonshot」はジョン・F・ケネディ大統領によるアポロ計画発表からきた言葉のようで、いまでは「未来から逆算して立てられた、斬新な、困難だが実現すれば大きなインパクトをもたらす「壮大な課題、挑戦」」という、イノベーションの精神をあらわす意味に転じています(このサイトによる)。Googleのムーンショットの代表格が、Xで取り組んでいる自動運転。それに携わる著者の言葉ならではの魅力に、思わず本にアンダーラインを引いたのでした。

こんにちは、からまるです。

2月に出した戸塚隆将さんの『世界の一流36人「仕事の基本」』の関連記事を、この日曜日、現代ビジネスに公開しました。けっこう人気でして、キャプチャー画像のとおり、アクセスランキングで4位になりました。

現代ビジネス戸塚氏記事ランキング.png記事の見出しは「入社3日目で会社を辞めたくなった人へ教えたい「仕事の基本」 「新人」を3回経験した私だから分かること」。この見出しが4月のこの時期にぴったりだったように思いますね。

記事を読んでいただくとわかるのですが、エリートばりばりに見える戸塚さんでも新人時代はかなり凹んだ経験をお持ちなのは意外でした。上司にいきなりフロアじゅうに響くような大声で叱責されたりして、こんな感じだったのだそうです。

「(最初に入社した)ゴールドマン・サックスは同期が少なく、愚痴を言う相手もいなかったので、唯一ホッとできたのがトイレの個室です。ときどきそこにこもってはため息をつく日々を過ごしました」

こうした苦難の日々を克服する方法に特別なものはありません。ただ上司や周囲からの信頼を得るために仕事で結果を出すこと。基本と言えば基本ですが、その地道な努力を支えるのにふさわしい一流人たちの「仕事の基本」が、本からの引用で語られます。

こんにちは、からまるです。

上阪徹氏ブックライター塾2017.JPG4月にスタートした「上阪徹のブックライター塾」第4期は先週土曜日に3回目の講義が終わりました。いつも3回目の講義で注目されるのが、実際に上阪さんが作業したナマのコンテ作り資料をそのまま公開するところ。写真はその説明をしている場面です(どんな方法かは外部非公開)。

ところで、先週、会社近くのファミリーレストランでランチをしていましたら、たまたま後ろのテーブルがライターさんとおぼしき女性2人のようで、業界話に花を咲かせていました。本を読むフリをしながら耳を傾けると、「データがいいとコンテ作りが楽しい」と言っていましたね。コンテ作りを楽しくさくさく進められるかどうかは、その作業テクニックもさることながら、必要なデータをちゃんとインタビューで取得できているかどうかによる。当たり前のようですが、これが現場では相手の話にひきずられて、むずかしいものです。ブックライター塾でも、第2回目の講義で、そのためにはどんな取材が必要かを学びます。

で、その2人の会話には、こんなことも。

「週刊○○で書評欄を担当している人が言っていたんだけど、書評に載せる本は中身より装幀で選ぶんだって。装幀で編集者の本気度がわかるそうよ」

「へえー」

いやいや、まさにへえーですよ。装幀はすっきりしたものにしがちだけれど(いわゆる「抜け感」があるというやつ)、暑苦しい表紙も作ってみようかな。

こんにちは、からまるです。

規制の虜.jpgのサムネイル画像今日の朝日新聞オピニオン面に、政策研究大学院大学名誉教授の黒川清さんのインタビューが掲載されています。テーマは「イノベーションへの道」で、黒川さんは、イノベーションを起こすには「出る杭」を伸ばす人材教育が必要だとしたうえで、日本はなかなかそれが進まないと指摘し、そのことを国会事故調査委員会の委員長として福島第一原発事故を検証したときに強く感じたと述べています。

「検証作業の中で見えてきたのは事故を生み出した、タテ割り、同調圧力、個人より組織といった日本特有の社会構造です。報告書ではこれを「人災」と表現しました」

昨年3月に出した黒川さんの『規制の虜 グループシンクが日本を滅ぼす』は、そういった黒川さんの問題意識が幅広く展開されていて、イノベーションを考えるときの必須の参考文献になると思います。

こんにちは、からまるです。

金沢土産話第2回は金沢21世紀美術館について。オープンしたのが2004年10月9日ですから、もう10年以上経ち、今ではすっかり街の風景に溶け込んでいるように見えますが、当時は市民のあいだに大きな衝撃が走ったのだそうです。建物のデザインだけでなく、何をどう展示するかを巡り、地元美術・工芸界にとっては想定外の事態が進行していたらしく、市議会や地元新聞と美術館側が対立した記録が残っています。

金沢21美レアンドロのプール.JPGいまここでは「池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー」が開催されています。池田さんは1973年生まれ、米国ウィスコンシン州在住。展覧会のタイトル通り、ペンとインクでものすごく緻密な絵を描き、しかも絵のサイズが大きい。だからどれだけ時間がかかるのか見当がつきません。緻密な細部とダイナミックな全体が不均衡で、見る人を刺激してくれます。とはいえ、絵の思想はとても抽象的だけれど、モチーフ自体は樹木や波、動植物、建築物などわかりやすい(小学生の頃の夢は魚の研究だったそうです。当時の新聞記事と魚の絵が展示してありました)。だから懐かしさを感じることもできます。オウム真理教事件裁判で朝日新聞等の法廷画家をつとめてもいたそうで、ノンフィクション畑の人間には、その略歴にも興味が湧きます。

写真は金沢21美といったらコレ!といれれる恒久展示作品、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」を上から撮ったところです。プールの中に服を着た人たちがいるように見える、ネタを知れば単純な構造ですが、とにかくウケます。こうしてつい写真を撮りたくなってしまうのでから。

で、からまるが今準備中の本は、この金沢21世紀美術館と深い関係があるのです。近日公開しますので、どうぞお楽しみに!

こんにちは、からまるです、いやはや9日も更新していませんでした。

昨日は会社を休んで金沢に行ってきました。じつは今、からまるは金沢の本を作っているのです。マラソンが趣味のからまるは、一昨年、第一回の金沢マラソンにエントリーしたため、金沢へは一度は行ったことがあります。しかし原稿を読むのはともかく、写真を選ぶ段階になると、どうも手応えがなく...。で、時間ができた昨日、急遽、北陸新幹線の乗客となったのでした。

何せ前回はマラソン参加が目的で、しかも金沢のホテルがいっぱいで富山に泊まり、さらには選手受付のため前乗りした日はけっこうひどい雨だったもので、観光らしい観光といったら近江町市場で海鮮丼を食べたくらい。観光の代表格、兼六園に行く余裕などまったくありませんでした。

鈴木大拙館.JPG今回は日帰りとはいえ、11時過ぎに着いたので、時間はありそう。レンタサイクルでいま編集中の本に登場するスポットを回ります。ひがし茶屋街、主計町茶屋街、金沢21世紀美術館、鈴木大拙館...いやもう見所がありすぎですね。予定外の九谷焼の店にいったん入ると目が釘付けになってしまい、時間はどんどん過ぎていきます。さっと見るだけでも予定のところは回りたいと思ったら、なんと今回も兼六園を外さざるを得なくなってしまいました! ああ、いつになったらあの名園に入ることができるのでしょうか。

写真は鈴木大拙館です。写真だけではわかりませんが、巧みに設計された瞑想空間です。また行きたい。1週間くらいいたい。いっそ引っ越したい。そう思わせる金沢の奥の深さでした。

こんにちは、からまるです。

今年も「上阪徹のブックライター塾」を開催しています。すでに第4期になりました。先週の土曜日で2回目の講義が終わったところです。

いつも2回目は大勢の社外の編集者さんに参加していただいています。塾生さんたちの演習で、グループインタビューを受けていただくのです(じつはからまるもインタビューを受けています)。その間はお互いに話せないので、懇親会が終わり、二次会で皆さんと情報交換するのが楽しみなのです。

皆さん、それぞれの会社・分野で活躍している人たちばかり。講談社が不得意にしている分野で結果を出しているので、本当に元気をもらいますし、毎年のことで、しかもほぼ同じメンバーなので、この間の業界定点観測ができます。話を聞いていると、かれらの若さがうらやましくもなりますねー。この「編集者同士の交流」は上阪さんが塾に仕込んだ裏テーマです。当たりですね。

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像こんにちは、からまるです。

この話題を取り上げるといつも複雑な気持ちになるのですが、北朝鮮が今朝、弾道ミサイル一発を発射したことが影響しているのでしょうか、『金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日』(牧野愛博著、+α新書)がけっこう動いているようです。たまたま今日の午後、からまるは用事があって議員会館にいて、対策会議で慌ただしい様子の国会議員さんたちの姿を目にすることもできました。

まあしかし、こんな危険な状態にまでしてしまった要因は何なんだろう、とは思います。時計の針は戻せないので、米中トップ会談以降の事態を見るしかないのですが。

脳はなぜ都合よく記憶重版.JPGこんにちは、からまるです。

ジュリア・ショウさんの『脳はなぜ都合よく記憶するのか 記憶科学が教える脳と人間の不思議』の重版見本が届きました。先日、お伝えしたように朝日新聞に書評が載って、しかもせっかく人気作家の円城塔さんが書いてくださったのだから、これを帯に使いたい!という話を販売担当者としまして、少部数重版なのに異例の帯替えをしました。

どうです、思い切ってど~んと使わせていただきましたよ。円城さん、朝日新聞さん、どうもありがとうございました<(_ _)>

こんにちは、からまるです。

昨晩、テレビでフィギュアスケート世界選手権の生放送を見ていた最中に画面に表示された臨時ニュースは、イギリスがEUに離脱を正式に通知したというものでした。いよいよ本格的な交渉のプロセスが始まるようです。ロンドン市民は離脱に反対が多数でしたが、報道によるとシティーから移転しようと考えている金融機関もあるのだとか。じつは今、からまるはポンドで買い物をしようと考えているので、為替相場の行方も気になります。

欧州危機と反グローバリズム.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像シティーについては、イギリスEU離脱(ブレクジット)のタイミングに刊行した、朝日新聞記者の星野眞三雄さんの『欧州危機と反グローバリズム』に興味深いことがいろいろと書かれています。シティーこと「シティー・オブ・ロンドン」は何と1世紀にローマ人が築いたロンドン発祥の都市で、1189年からは独自の市長「ロードメイヤー」を持つ自治区でなのだそうです。その自治の確立ぶりは別格で、女王でさえシティーの境界にはロードメイヤーの出迎えがなければ入れないとか。どんな歴史を積み重ねてきたらこうなるのか、公認日本語ガイドの方がいらっしゃるようなので、機会があったら訪ねてみたいものです。

何かと勉強になる本書、+α新書の1月刊行書目です。ぜひご覧下さい!

こんにちは、からまるです。

サンフランシスコ土産話第二弾は、グーグルについて。といってもここもフェイスブック同様、中に入ったわけではないので、敷地内の様子と、ビジターでも入れる土産屋さんくらいしか見ていません。

google01.pngマウンテンビュー市にあるグーグルの敷地は、よくそう呼ばれるように、まさに大学のキャンパスのようです。もともと現在の土地にあった建物群を、業容が拡大するにつれて、つぎつぎに事務所にしていき、今のような自転車(写真左下に写っている)で移動しないと大変なくらい広い敷地になったようです。マウンテンビュー市は建物の高さ制限を設けているそうで、どの建物も3フロアくらいの低層です。超高層ビルの全フロアを占拠するような下品なこと?はしないのでしょうかね。現在、なんとおよそ3万もの人々がこのキャンパスで働いているのだそうです。

これまたよく言われるように、社員たちは思い思いのスタイルで仕事をしていて、外でバレーボールをしているグループもいれば、プールで泳ぐ人もいて。残念ながら見ることはできませんでしたが、噂のタダで飲食できる社員食堂が30箇所もあるそうです。

鉄道の駅からは遠く、しかもこのCaltrainという鉄道は1時間に1本くらいしか走らない意外なローカル線ときているので、ほとんどの人がマイカーかグーグル通勤バスで来ています。建物の周囲は見渡す限りのクルマの群れ(フェイスブックもそうでした)。帰りもクルマでしょうから、日本のサラリーマンみたいに帰りに一杯、なんて文化とは無縁の風情に見えました。

でも、やっぱりそういう都会的な雰囲気が好きな人はエンジニアにもいるらしく、サンフランシスコ中心部のオフィスの求人は大変人気があるのだそうです。からまるもまだ夕方6時くらいから、仲間たちとシーフードバーで生牡蠣とワインでわいわい飲んでいるグループをいくつも見ました。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • ブックライター塾新文化記事.jpg
  • 卒塾式仮面写真ブログ用.jpg
  • 現代ビジネス戸塚氏記事ランキング.png
  • 上阪徹氏ブックライター塾2017.JPG
  • 金沢21美レアンドロのプール.JPG
  • 鈴木大拙館.JPG
  • 脳はなぜ都合よく記憶重版.JPG
  • google01.png
  • フェイスブック看板裏.JPG
  • フェイスブック看板.JPG

タグクラウド

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4