島田裕巳さんと、新企画とワインで盛り上がる!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

昨晩は、宗教学者の島田裕巳さんと打ち合わせを兼ねて新宿でイタリアン会食しました。島田さんは間もなく、講談社の他部署からですがエコノミストの水野和夫さんと共著『資本主義2.0 宗教と経済が融合する時代』を出すところ。できたての見本をいただきました。

からまるとも新著の企画が進行中です。どんな本かは、んー、言いたいけど、まだ言えない......などと書こうとしていたのですが、島田さんがブログでバラしちゃいました(・_・ゞ

新宗教の教団を語るのに、教義や教祖の話を一切しないという、島田さんのベストセラー『日本の10大新宗教』(幻冬舎新書)とは真逆のアプローチで、それを講談社BIZとして出すというところがユニークポイントだと思っているんです。

この本の元になる原稿の一部は、すでに「文藝春秋」6月号に「真如苑はなぜ運慶を買ったか」として発表。ブログでも「7月中に書き上げると宣言」と書かれていますから、からまるは高枕で脱稿を待つことにします。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年5月29日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アミューズ大里会長にまつわる「AERA」の記事を読んで。」です。

次のブログ記事は「内藤忍さんの新企画ほぼ固まる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4