議員会館に盗聴器!?

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

昨日は、民主党でもっとも活躍している衆議院議員のお一人と話す機会がありました。この方は、その情報力、取材力、調査力で、多分与野党通じて最もすごい人だと思うのですが、逆に言うと、敵方から見れば、もっとも恐ろしい人でもあるわけです。それにしても、ここまでやられるとは。。。

というのは、昨日聞いた話では、議員会館の個室の中に盗聴器が仕掛けられていたことがあったのだそうですよ。もちろん議員会館は出入りが厳しく(しかも入場するときに書く面会票は回収されて自衛隊に届けられるのだそうです)、個室は狭く、第三者が盗聴器を仕掛けようなんて部屋に入って挙動不審なことをすれば、たちまちバレてしまいますから、それができた可能性があるのは、堂々と議員会館内をくまなく巡回できる人以外にありませんよね。

先日、テレビの朝のワイドショーで、叶わぬ恋に狂った男が、女性の留守宅に侵入して盗聴器を仕掛けたという事件を取り上げていました。ではこんな犯罪に使われる盗聴器なんて規制すればいいではないか、というスタジオゲストがいたのですが、しかし介護現場にこれがあることよってより適正な介護ができるといったメリットのほうが犯罪によるデメリットよりも大きいから規制には向かない、というのも正論。

でも、こういうことをされる野党議員が今でもいる、となると、別の理由から規制にかからないのでは?などと疑ってもしまいますね。

こうしたネタ、もちろん、からまるは放ってはおきません。いずれ本にして皆さんにお届けしたいと思っています。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年7月17日 14:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山口絵理子さんの『裸でも生きる』10ヵ月間ロングセラー!」です。

次のブログ記事は「苫米地さんの『本当はすごい私』はカードも目玉!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4