『不謹慎な経済学』が「週刊東洋経済」2008年上半期経済・経営書ベスト100の7位に!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

282081-1.gif今年の2月に出した経済学者の田中秀臣さんの『不謹慎な経済学』が、「週刊東洋経済」誌が選ぶ本年上半期の経済・経営書ベスト100の7位に入りました。

推薦者の一人、安達誠司ドイツ証券シニアエコノミストによれば、

 

「マスコミに露出する『権威』の実はトンデモない評論を何の遠慮もなく批判する点は、まさに『不謹慎』そのもので、経済論壇の『構造改革』の書といえる」

 

いやー、本当にそのとおり。

他の推薦者の方々も、どうもありがとうございました!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年8月11日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電話の対応でもわかる新宗教団体の性格。」です。

次のブログ記事は「『官僚との死闘七〇〇日』を緊急特集した「週刊現代」記事が人気ランキング1位に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4