『官僚との死闘七〇〇日』即日緊急重版!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

長谷川幸洋さんの『官僚との死闘七〇〇日』が、発売初日の昨日夕、読者の方々や書店様から問い合わせと注文が販売部に殺到し、あっという間に在庫が底を尽きてしまいました。緊急で重版を決定しました。どうもありがとうございます。現在、スピード社も顔負けの急ピッチで製造していますので、しばらくご迷惑をおかけすることをご容赦ください。

その同じ頃。福田康夫総理は内閣改造を決めました。たびたびお伝えしたように、福田総理の元にはこの本が届けられているのですが、別の情報によると、北側一雄公明党幹事長のところにも発売直前に秘書が届けていたそうです(福田総理のところには献本を受けた方の見本が行ったことはわかっているのですが、北側幹事長のところにはどういう経路で入手した本が行ったのか、現在のところ不明)。

現在の政治センスで言えば、北側幹事長は今の政局のキーマン。内閣改造が微妙に延びたのは、この本の登場人物について関係者がチェックしていたとのウワサもあるようですが、発売日夕刻の内閣改造表明というタイミングは、それを裏打ちしているとしか、からまるには思えません。

今、総理官邸では刻々と内閣改造人事が行われています。この本の主要登場人物である町村官房長官と渡辺喜美金融・行革担当大臣の去就に注目しているところです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年8月 1日 12:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『官僚との死闘七〇〇日』バカ売れスタート!」です。

次のブログ記事は「自民党内から「これから40日抗争だ」の声が!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4