期末が迫ってくると普段考えない数字がアタマの中をよぎります。

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

講談社の決算は11月末なんですよ。だから8月平日末の今日が終わると、残りはあと3ヵ月。第4四半期を迎えるというわけです。

からまるは普段そんなことをあんまり考えないのですが、部長として出版部の売り上げ目標を預かる身でもあるため、さすがにこの時期、目標売り上げという数字がアタマの中をよぎるのです。楽しく酒を呑んでいても、ときどきなんとなく視線がさまよってしまいます。

というのも、今年度は、今のところ『官僚との死闘七〇〇日』の3万部がベストワンで、これではとうてい目標に追いつきません。10万部のベストセラーが喉の奥から手が出るほどほしい状況ですね。ベストセラー・レースはきびしいです(ー'`;。。。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年8月29日 16:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『本当はすごい私』を書籍では珍しい車内吊りで宣伝予定!」です。

次のブログ記事は「『官僚との死闘七〇〇日』の長谷川幸洋さんが月刊誌「現代」で正体明かす!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4