新年度方針案を書きあぐねて夢想中。

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

おっとっと、このブログを書くのをうっかり失念しそうでした。。というのは、いま、「新年度方針案」なるものを書いているからなんですよ。

「新年度方針案」とは、文字通り、来年度のビジネス出版部をどうしていくのか、具体的に何冊本を出して、いくら売り上げるのか、その目標達成のための基本方針案を、今年度実績の検証、来年度の計画、中期展望の3本柱で出版部長が書くものなのです。

先日書いたように、講談社の年度は12月から11月までで、ビジネス出版部の実績はちょぼちょぼ。来年度の計画といっても、ビジネス出版部のように比較的生ものを扱う編集部では例年のことなのですが、すでに決まっている企画がまだ少ないので、あんまり具体的な未来像は描けないのです。それで、つい考えあぐねてしまったのでした。

D社とか、G社とか、今年目立った出版社の例ばかりアタマの中をよぎります。なので、からまるたちもそんなふうになりたいです#^^#などと書いたりしていますが、上司は受け取ってくれるのでしょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年9月 8日 18:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロナウドよりベルバトフ・ラブ」です。

次のブログ記事は「佐々木俊尚さん『インフォコモンズ』が「週刊現代」で書評!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4