三省堂書店有楽町店さんセレクト本で、朝日新聞アスパラクラブ会員さんが『官僚との死闘七〇〇日』を「これから読んでみたい本」4位に!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

朝日新聞夕刊の月イチ連載「ブックアベニュー」の中に、毎月、書店さんのおすすめ本のページがあります。9月20日付の9月のセレクト書店さんは、三省堂書店有楽町店さん。有楽町駅前の東京交通会館ビルにある大きな書店さんですね。

214875-2.gifのサムネール画像のサムネール画像そのおすすめ本のうち、朝日新聞のアスパラクラブ(じつはからまるも入っているんです)の会員が選んだ「これから読んでみたい本」ベスト4に、長谷川幸洋さんの『官僚との死闘七〇〇日』がランクインしました! しかも会員さんと書店員さんのコメント付きです!!

会員さんのコメントには、こんなのがありました。

「日本の国の動かされ方が分かるような内容なのでは。それを知るためにも読んでみたい(40歳代・女性)。

(≧∇≦)

 

さすが、お目が高い! そーなんです。分かるんです!

また、書店員さんのコメントは、こうでした。

「『さらば財務省!』など、講談社の政治・官僚モノはよく売れていますが、この本も大人気です。自民党総裁選を前に政治への関心が高まっているのでしょうね」。

たしかに、最近の講談社は、こうした分野の本で頑張っていると思いますよ。『官僚との死闘七〇〇日』や高橋洋一さんの『さらば財務省!』のほかにも、「居酒屋タクシー」摘発などで恐れられる民主党代議士の長妻昭さんの『闘う政治』、高橋さんと共に結成した「脱藩官僚の会」の江田憲司さんと高橋さんの共著『霞が関の逆襲』など、いろいろな部署から元気のいい本が出ています。『防衛疑獄』もそうですしね。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年9月22日 16:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検察の取り調べが進み、一時はボツ寸前だった『防衛疑獄』。」です。

次のブログ記事は「田原総一朗さんが山口絵理子さんにインタビュー!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4