お待たせしました『ジョブズはなぜ天才集団を作れたか』重版出来!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

282094-2.gifここのところちょっと品薄でご迷惑をおかけした、ジェフリー・クルークシャンク『ジョブズはなぜ天才集団を作れたか』の重版が、今週できました。お待たせしました。

この本の原題は「The Apple Way」で、文字通り、クルマ作りならトヨタ・ウェイというのと同じような、アップル独特のものづくりDNAをまとめたものです。原稿を読んで、アップルのマネはもちろんできないけれど、圧倒的なスグレものを作り出し続ける組織の条件は、日本のベンチャーだって同じじゃないか!と思ってついたタイトルが邦題になっているんです。天才は最初から天才なのではなく、天才になっていくんですね。それがわかる本です。

この本の良さのエッセンスは、藤井孝一さんがメルマガ「ビジネス選書」で伝えてくださっています。どうもありがとうございます。

アメリカ企業はいま投資銀行が大再編の時を迎え、一気に輝きを失ったかのように見えますが、アップルのような会社がある限り、いいところはちゃんと見ないといけないような気がしますね。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年9月25日 12:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「田原総一朗さんが山口絵理子さんにインタビュー!」です。

次のブログ記事は「感情移入し過ぎなのでしょうが、一言。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4