冨山和彦さん松本大さん『この国を作り変えよう』12月刊行へ!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

本夕、ナイショ3兄弟の三男が、無事校了となりました。冨山和彦さんと松本大さんの対論書『この国を作り変えよう――日本を再生させる10の提言』。このブログで何度か書きましたが、今年の年明け早々にお二方に企画を打診し、困難なスケジュール調整を経て、ようやく校了日を迎えました。感慨無量です。

どうしてこれがナイショ3兄弟なのか。長男である秋山直紀さんに比べるとナイショ偏差値が低くないか、と思われたかもしれません。

からまるがナイショにしたかった理由は、じつは企画のときは全然気づかなかったのですが、お二方とも、幻冬舎さんが出しているビジネス月刊誌「ゲーテ」にそれぞれ巻頭コラムを連載しているのです。豪腕な幻冬舎さんのこと、もし「なんだよ講談社、こっちは社内の同じ雑誌に連載してもらっている原稿があるんだぞ」とばかり、先にそれをまとめて本を出そうかなんて話に万が一ならないとも限りません。それを恐れて、ナイショで進めていたのでした。あと2週間ちょっとで発売ですから、さすがの幻冬舎さんでもここからは追いつけまい(^^)丿

この本の制作秘話は、また日を改めて。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年11月18日 17:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナイショ3兄弟の三男、間もなく校了!」です。

次のブログ記事は「「品格ブーム」の正体は若者と中高年層の世代間対立だ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4