社長さんが本を書くとき。

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

社長さんが本を書くときとは、どんなときなんだろう。今日、打ち合わせをしたメンバーで話題になりました。

ビジネス書には社長さんの本というジャンルがあります。古くは松下幸之助さんや本田宗一郎さんの本が著名ですね。最近でも、ベンチャーで成功した経営哲学を語ったり、ユニークな管理ノウハウを公開したり、多忙な時間を巧みに使いこなす仕事術を教えてくれたり、面白い本がたくさんあります。

そうかと思うと、本当に本人の考えなの?と疑ってしまうようなものも、大自慢大会なのでは?と興ざめするものも混じっていますよね。どんなジャンルでもそうですが、玉石混淆です。

では、すぐれた社長さん本の定義は? それは、多様な人が共有できるコンテンツを持っていることではないか、というのが打ち合わせの場の結論となりました。自慢ではなく、多くの人のために、その人が使命として語らざるを得ないコンテンツなのかどうか。

なるほど。からまるたちが執筆依頼をしたくなる社長さんは、たしかに何かミッションを担っているところがありますね。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年11月 5日 15:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今週は一挙4冊出します!」です。

次のブログ記事は「手になじむ120ミリというサイズ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4