からまる一家の来年度はどうなる!?

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

講談社は今日が年度末なんです(本当は11月末ですが日曜なので今日)。3月決算の会社だと3月31日の、言ってみれば大晦日のようなもの。来週からは新年度です。

今年度は、いろいろ面白い本を出したけれど、編集部の経営という意味ではふがいない一年でした。来年度こそ何とかしないと、

 

「ええい問答無用、からまる一家はお取りつぶしだ!」

 

というお上の声が降ってきかねません。でも「これに免じてそれだけはご勘弁を」と差し出すものもないし。勘弁してもらうに、さて、どんな仕掛けをしましょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年11月28日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「マインドマップ的読書感想文」が『内藤忍の「好き」を極める仕事術』を「読みやすくて、腑に落ちた1冊」と。」です。

次のブログ記事は「神田昌典さんがピーター・センゲさんほかの『出現する未来』を「ぜひ読んでおくべき」と推奨!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4