ムンバイ同時多発テロ発生時には校了していたという巡り合わせの『グローバル・ジハード』、本日発売!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

215154-2.gif世界を驚かせ、また悲しませたインドのムンバイ同時多発テロ。発生した11月26日は、ちょうど本日発売した松本光弘さんの『グローバル・ジハード』の校了明けでした。本当に妙な巡り合わせとなりました。

「グローバル・ジハード」とは、言葉通り、イスラム背教者に対する聖戦だったジハード運動の一部思想が、ソ連のアフガニスタン侵攻や湾岸戦争を経て過激化し、イスラム国家だけでなく広く欧米諸国全体にまでターゲットを拡大した新しい思想です。それがもっとも大きな形で表れたのが「9・11テロ」でした。

「9・11テロ」は、オサマ・ビンラディンをリーダーとするアルカイダという国際テロ組織の犯行だと、「敵の姿」がはっきりしていました。いま本当に恐ろしいのは、もはやテロリストはアルカイダという特定の組織の統率をはなれ、著者が「勝手にアルカイダ」あるいは「アルカイダ星雲」とこの本で呼ぶ、アルカイダの思想をそれぞれの歴史・地理的背景がある各グループが我流に解釈して、アルカイダと思想は近くても遠いところで活動していることです。

今回のムンバイ同時多発テロは、「デカン・ムジャヒディン」と名乗るまったく知られないグループの犯行だと言われています。インド・パキスタン国境地帯であるカシミール地方では長く紛争が続いてきましたが、「カシミール過激派」のいくつかの組織はアルカイダとの関係がひじょうに深く、著者が「グローバル・ジハード主義のデビュー宣言」と定義する1998年2月のビンラディンとザワヒリによる「ユダヤと十字軍に対する世界イスラム戦線」に署名した5人の中にカシミール過激派の名前もあったと、この本で指摘されています。

からまるはこの本の原稿を読んでいたおかげで、どれくらい事件の理解がしやすかったか。まだ未解明のことが多いとはいえ、マスコミ報道はこの本のレベルに追いついていないのでは?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2008年12月 4日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「祝バロンドール!のクリスティアーノ・ロナウドから『MONENTS』のサイン本が届く!」です。

次のブログ記事は「本物の警察庁幹部は「24」とも「躍る大捜査線」とも違う(当たり前か)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4