竹森俊平さん『世界デフレは三度来る』なんと刊行2年9ヵ月で重版!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

282006-1.gifのサムネール画像とびきりうれしいニュースです。からまるにとってピーター・センゲさん他の『出現する未来』と並ぶ思い入れの強い本『世界デフレは三度来る』(上下刊、竹森俊平慶應義塾大学経済学部教授・著)が、2006年4月20日の刊行以来、およそ2年9ヵ月で重版が決定したんです!

刊行時は、「デフレはもう終わるのに......」という感想をもらったこともあるのですが、世の中、本当に何が起きるかわからないものですね。この大著で扱われた三度のデフレのうちの一つ、1929年10月のニューヨーク株式市場大暴落に端を発して1936年まで続いたとされる大恐慌時代以来の金融恐慌が起きるとは。そして、それとともにこの本に再び光が当たるようになるとは。

実際、いくつかの時代のトピックに焦点が当てられているとはいえ、明治初期から現代までの世界金融通史になっているこの本は、いま本当に必読だと思います。からまるは下巻のオビに「魔性の怪物「通貨」をめぐる大河ドラマ」というコピーを書き入れましたが、これは一読したときの強烈な印象だったのです。いまもドル安を中心にした通貨の価値変動がすさまじいですね。それも、この本を読んでおくと、心の準備がまったく違います。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年1月 8日 15:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山本一太議員が『この国を作り変えよう』を「スゴく面白い討論本」と激賞!」です。

次のブログ記事は「『また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座』がネット書店さんで人気に点火!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4