奈良に行く前に『ポトスライムの舟』を読んでおけばよかった。

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

先々週の週末、からまるは奈良に行っていました。奈良公園の鹿を見た覚えがあるので、かなり小さな頃に行ったことがあるのは確実なのですが、いつ、奈良のどこに行ったのかさっぱり記憶がないので、はじめての奈良と言っても過言ではなかったのです。

東大寺.jpg写真の東大寺、興福寺、春日大社。興福寺の国宝館は、まるで公立中学校の理科展示室のような素っ気なさですが、阿修羅像はじめ内容が素晴らしいのですね。京都よりも奈良のほうが好きな友人がいて、その気持ちがわかる気がしました。

と思っていたところ、先日芥川賞を受賞した津村記久子さんの『ポトスライムの舟』の舞台が奈良なんですね。主人公の友人が離婚して、奈良の主人公の家に一時同居するのですが、その離婚した「りつ子」さんと、幼稚園に通っている娘の「恵奈」ちゃんが、奈良をネタにするやりとりが楽しいです。

――「夏が終わっても住んでいた家に戻らないこと、幼稚園を変わることについて、恵奈が何度がりつ子に質問しているところに遭遇したが、りつ子は、奈良公園のシカさんが恵奈ちゃんといっしょにいたいからなんよ、などと言いくるめていた。恵奈は、そうなんかー、と言いつつも腑に落ちない様子でいたが(後略)」――

 

そ、それはムリやろ(ー'`;

 

――「(前略)(興福寺の)五重塔が見えてくると、恵奈は興奮して、足早になったり、しまいには小走りになったりした。もう何度も見ているはずだが、やはり心が躍るらしい。お母さんは何階に住みたい? とりつ子に訊いていた」――

うーん、いいですね。奈良に行く前に読んでおけばよかったなと、激しく後悔しているところです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年2月20日 17:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「裁判員ネコさん」なんて「符号」もあり?」です。

次のブログ記事は「柄にもなく「学ぶとは何か」について考える。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4