青沼陽一郎さん『裁判員Xの悲劇』は鈴香裁判の控訴審判決を待って校了へ!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

前々から4月初旬に出しますと申し上げてきたノンフィクション作家青沼陽一郎さんの『裁判員Xの悲劇 最後に裁かれるのは誰か』の刊行が少し遅れます。

というのも、裁判員制度がどういうものかを理解する上でひじょうに大切な秋田県藤里町の連続児童殺害事件の裁判について、この本でもかなりページを割いているのですが、その控訴審判決が仙台高裁秋田支部で25日に予定されているからです。

畠山鈴香被告は1審で無期懲役判決を受けたのですが、死刑を求刑していた検察の主張が控訴審で通るかどうかが注目点で、それによって手直ししないといけないかもしれません。なので、判決を待って校了することになり、刊行は中旬になります。

明後日午前10時の開廷。裁判長はどんな判断を下すのでしょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年3月23日 12:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大久保容疑者の勾留期限切れを待って校了し、『「特捜」崩壊』刊行へ!」です。

次のブログ記事は「「検察敗北」の見出しも躍った小沢民主党代表秘書の政治資金規正法違反での起訴。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4