「不動産価値」が「地価」を維持するのだと『空間革命』を読んで思いました。

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです(今日は書くのがこんなに遅い時間になってしまった)。

282105-2.gif明日、空間革命 あなたの不動産価値を倍増する唯一の方法』という本を出します。著者は建築・不動産分野のプロジェクトマネジメントを手がける会社の社長で、植村公一さん。サブタイトルにあるように「不動産価値」を上げるためのさまざまな手法と考え方が書かれています。

これを読んで思ったのですが、「不動産価値」が、一昨日発表になった公示地価のような、いわゆる公的機関が公表する「地価」を維持するようですね。今回の公示地価で数少ない上昇した住宅地の上位10地点中4地点を占めた北海道の伊達市は、都市圏からの退職者の移住が上昇の理由だと報じられていました。「不動産価値」が「地価」に結びついたのでしょう。

六本木の中心だって「不動産価値」がない土地はあるし、逆にまったく知名度がない地方でも「不動産価値」が高い土地があるのかもしれません。もしそうなら、どこもかしこも地価が下落するこの時代、住宅地や商業地を、その中身を一括りにして、ここはいい、ここは悪いとざっくり言ってみても仕方ないのでは? からまるが購読しているメルマガの「さくら事務所ニュースレター」には、こんなことが書かれていました。

 

「国土交通省は23日、1月1日時点の公示地価を発表しましたが、例えば東京圏では、以下のような記述があります。

「東京圏(の商業地)では、平均で△6.1%と前回12.2%の高い上昇から下落に転じ、ほぼ全ての地点において下落となった。」

いくらなんでも、たったこれだけの下落であるはずがありません。実態的、現場取引の実感的には、この数倍の下落率があったとみていいでしょう。20パーセントとか30パーセントといわれても、業界人としてはまったく驚きません」

 

そんな時代でも個別の土地の「価値」を落とさない方法はあるのだ、ということを、『空間革命』は教えてくれます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年3月25日 20:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「検察敗北」の見出しも躍った小沢民主党代表秘書の政治資金規正法違反での起訴。」です。

次のブログ記事は「『「特捜」崩壊』早くもある方面で盛り上がり中!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4