福田和也さんが「週刊現代」で『「特捜」崩壊』の石塚健司さんにインタビュー!

|

こんにちは。ビジネス出版部のからまるです。

今週発売した「週刊現代」5月30日号の連載「平成フラッシュバック」で、福田和也さんが「疑獄の平成史」の4回目として、『「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関』の石塚健司さんにインタビューしています。

題して、「「昔はやりすぎ 今はやらなすぎ」 新聞記者が見た特捜部の劣化」!

よっしゃ、すごそう!!

けっこう石塚さんの言葉を載せてくれたんですよ。石塚さんはリクルート事件のときに地検特捜担当になったのですが、当時検事正だった吉永祐介さんに記事について「この話は誰から訊いたんだ」と厳しく締め上げられたこと、「劣化」の原因と石塚さんが指摘する最近の人事制度の問題などを、手際よくまとめてくれています。

どうもありがとうございました!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年5月19日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リセットします「講談社BIZ」、新ロゴマーク発表!(この日記も2周年目突入だヽ(^。^)丿)」です。

次のブログ記事は「『「特捜」崩壊」』石塚健司さん、週刊誌ジャック状態!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4