最近よく乗る京急線は奥が深い。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

今日の午後、ちょっと遠いところにある(といっても講談社は文京区の音羽にあるので、たいていの打ち合わせ場所まで遠いのです)オフィスに行ったのです。電車の乗り換えが、日比谷と三田の2回で羽田空港方面に向かったのですが、この乗り換えが最近のからまるは鬼門なんです。

よく間違えるんですよ。子供の頃は鉄ちゃんで、今も自宅には鉄道模型を飾っていて、講談社の『昭和の鉄道模型』という、鉄道模型の世界で言う「レイアウト」が完成する大型シリーズ企画に意見など言った人間なのですが、どういうわけか反対方向に乗ってしまうことが多いのです。

からまるに限らず大抵の人がそうであるように、電車の中は絶好の読書タイムになります。いつも本に読みふけって、脳のスイッチが切り替わらないせいかもしれませんが、これで大幅に時間をロスして困ったことが何度も。

それがわかっているので、行き先を慎重に見て乗り換えたのです。

......と、しかし。。都営浅草線の羽田空港行き特別快速は、京急線に入ると品川と京急蒲田にしか停車しない! 目的地を通過するのを車窓から呆然と見送ったのでした(10分くらい遅刻( ̄□ ̄;)

それにしても、この京急蒲田駅の1番線というのは鉄ちゃん的に面白いですよ。このホームは京急蒲田と羽田空港を結ぶ線路が通るのですが、羽田空港からは横浜方面行きと浅草方面行きがあるため、同じホームなのに反対方向に電車が行くことがあるのです。最初見たときは衝撃的でしたが、世の中のほとんどの人にとっては全くどうでもいいことだったかもしれません。

ついでに言うと、京急線のいちばんエクスプレスな電車は「特別快速」で、その次が「特急」なんです。これも最初は衝撃的でした。奥が深いよ京急線は。

もっとついでに言うと、自社で車内マナー向上広告を出稿している鉄道会社さん。『一流になる力』の小宮一慶さんを起用して、

 

「電車の中では勉強しよう」キャンペーン

 

なんて如何ですか?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年7月 6日 20:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社長さんたち数十人の前で45秒スピーチ。」です。

次のブログ記事は「煮詰まったときは妄想リゾート。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4