ほかにも重版決定本はあるのです。苫米地英人さん、大橋清朗さん、そしてドラッカーさん。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

282000-1.gif最近、お伝えしている重版情報ですが、他にもまだちゃんとあるのです。それぞれ部数は少ないのですが(ー'`ー;)

まず苫米地英人さんの『本当はすごい私』が5刷です。苫米地さんは、出す本出す本すべてベストセラーにランクインする、いま最も乗っている実力者ですね。でも、どう考えても、他社さんのほうがたくさん部数を出しているようで。。。

担当者のりたまの地雷埋まりまくりの大橋清朗さん『また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座』も5刷です。本が出てからちょうど半年くらいですから、ロングセラーの仲間入りですね。

もう一つは、ビジネス出版部ができたときの講談社BIZ第一弾刊行書、P.F.ドラッカーさんの『ドラッカーの遺言』で、7刷です。この本は出てから3年半!

こうして見ると、地力のある本がきちんとロングセラーになっていきますね。やっぱり見ている人は見ているということでしょうか。編集者にとって、これほど勇気が湧くことはありません。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年7月29日 20:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「南清貴さん『頭がいい人は亜麻仁油を飲んでいる!』発売記念「一夜限りのキヨズキッチン」プレミアム・パーティご招待!」です。

次のブログ記事は「渡邉美樹さん『勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考』刊行記念イベントを講談社で開催へ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4