お金で応えられないからといってクオリティーに逃げてもいけないし。。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

いつも先輩を先輩と思わぬ態度の口悪後輩が、昨日は少し、しょんぼりしています。いつも腰に当てて威嚇する左手がだらりとして元気がありません。

「どしたのよ」

と聞くと、

 

「他社に負けちゃったんです」。

 

あるクリエイターの方を他社さんと取り合って、金銭的な条件で敗れてしまったのだというのです。

「でも、プレゼンした企画はぜったい他社よりクオリティーが高いと思うんです」

そう言ってクヨクヨしています。

これはむずかしい問題です。相手の希望に対して金銭的な条件で折り合えなかったら、今回についてはご縁がなかったとお互いに考えるしかないのだと思います。クオリティーを主張するだけではなかなか動かない時代なのかな、としみじみ思ったのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年8月13日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「政権交代の予測が多数出るけれど忘れていいのか「小泉改革」の検証。」です。

次のブログ記事は「美人社長の笑いのツボを異常に押し続けた靴取り違え事件!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4