第一回ビジネス書大賞Biz-Tai2010、一般投票受付中!

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

新刊JPの上田渉さんが実行委員長を務め、ディスカヴァー・トゥエンティワンさんの干場弓子社長などが参加する「ビジネス書大賞 Biz-Tai2010」が先頃、創設されました。「ビジネス書」をメインの対象とした初の出版賞です。

じつはからまるも前々から思っていました。ビジネス書というジャンルは良書がたんさんあるにもかかわらず、どうも軽く扱われているのではないか。傑作小説と同じくらい人生を変える力があり、古典哲学書と同じくらい世界を考えさせてくれるのに、ビジネス書というだけで何か裏本みたい見られているのではないか。

そういう偏見を打開する方策として、出版賞というのはとてもわかりやすいのにな、とも思っていたのです。

そんなからまるの心境を見透かしたかのように、上田さんから連絡がありまして、ビジネス書大賞を作るというお話を聞かせてくれました。それならぜひ、まったく微力ながら協力したいと思いました。

からまるはここ10年くらい講談社内で「講談社ノンフィクション賞」という賞の下読みをやっているのですが、そんな感じの仕事をお手伝いできるのかと思ったところ、どういうわけか最終審査に立ち会う実行委員になってほしいという過大なお仕事の依頼でもありました。6名の実行委員には、干場さんのほか、超アルファブロガーの小飼弾さんなどがいらっしゃいます。とてもからまるなんかが同じ空気を吸えるとは思えない豪華メンバーなのですが、この際勉強させてもらおうと、お引き受けしたのでした。

賞の実施概要はこちらを見ていただくとして、現在、二次審査として一般投票を受け付けています。投票は何と、このTwitterでつぶやくのです!

あっと驚くこの方法は、小飼さんの発案によるもの。発案すると同時にプログラムを作ってしまったのですから、小飼さんさすがと言うほかありません。

投票は11月30日まで。Twitter上でつぶやいた一言が、ディスカヴァー・トゥエンティワンさんが来年出すこのビジネス書大賞のムックに掲載されるかもしれません。記念すべき第一回です、実行委員一同ともども、お待ちしていますね!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年11月24日 14:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒木亮さん内藤忍さん居酒屋対談&今年のボジョレーヌーボーは飲み口スッキリ!」です。

次のブログ記事は「「わかってしまったら、つまらない」。福島正伸さん講演会は大受け!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4