黒木亮さん内藤忍さん居酒屋対談&今年のボジョレーヌーボーは飲み口スッキリ!

|

黒木亮内藤忍.jpgこんにちは。講談社BIZのからまるです。

昨晩は、インターネットTVの海外投資専門チャンネル、WorldInvestors.TVさんの名物コーナー、内藤忍さんの「Shinobys BAR」の収録のため、最新作『排出権商人』が好調スタートを切った作家の黒木亮さんと内藤さんの対談にお邪魔しました。

『排出権商人』はタイトル通り、排出権売買に携わる商社の女性社員を主人公にして、さまざまな利益団体や国連の各国代表による丁々発止のやりとりを描いた小説です。環境問題の知られざる本質を知るのに、これ以上面白くわかりやすい書物はないのではないでしょうか。

当夜の対談の内容は12月初旬にWorldInvestors.TVさんで放映されるそうですので、それをご覧いただくとして、鳩山総理が国連総会で表明した「25%削減」がいかに日本のノーテンキさを表しているかを黒木さんが語るところは迫力がありましたね。普段はロンドンにお住まいで日本を外から見られること、加えて今回の取材で世界11ヵ国を訪れ環境問題のキーマンに何十人も会って話を聞いたということですから、知識の厚みが違います。排出権枠の購入に今後、日本が数兆円を財政支出する事態にでもなれば、これは「外交敗戦」でもあるよなとからまるは思ったものです(日経ビジネスオンラインの黒木さんの寄稿も大変勉強になります)。内藤忍20091119.jpg

また、今回収録で使った動画撮影機材のコンパクトさ(4人用の狭い個室でもじゅうぶん撮れてしまう)、それをインターネットで簡単に放映できる仕組みにも、からまるは感嘆してしまいました。Twitterもそうですが、マスメディアの変質を肌身で感じます。

収録が終わって、黒木さんはこのあと打ち合わせがあるということでお帰りになり、内藤さんとWorldInvestors.TV主宰の石田和靖さんと3人で残って、この日解禁になったボジョレーヌーボーを飲んで四方山話です。写真では見にくいかもしれませんが、小さいグラスワインがたくさんデザインされて、おしゃれですね。飲み口もいつもの生っぽさがなくてスッキリ!

......にしても、内藤さん、なんて顔して写るんですか!!?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年11月20日 14:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山口絵理子さん『裸でも生きる2』も3刷にヽ(^。^)丿」です。

次のブログ記事は「第一回ビジネス書大賞Biz-Tai2010、一般投票受付中!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4