『裁判員Xの悲劇』の青沼陽一郎さんが勝間和代さんの取材記事を「週刊文春」に!

|

214900-2.gifこんにちは。講談社BIZのからまるです。

クリスマスイブの今日発売された「週刊文春」(12月31日・1月7日新年特大号)に、今年春に『裁判員Xの悲劇』を刊行した青沼陽一郎さんが「勝間和代『男とウソ』」という衝撃的な見出しの記事を書いています。

勝間さんの持論である「三十五歳独身限界説」に照らせば、青沼さんは立派な該当者。この記事の最後に、「男性としても限界ですね」という勝間さんの言葉とその感想をもってくるあたりが、青沼さんらしいこだわりのように思えました。

こんなふうに当たり障りのないことしか書けなくてすみませんが、青沼さんの本の編集担当者だからといって、記事中の「ビジネス書籍を手がける編集者」とはからまるのことではありません、念のため。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2009年12月24日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビジネス書大賞「Biz-Tai2010」で講談社本はどうだったかというと。」です。

次のブログ記事は「今年1年、どうもありがとうございました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4