「iPad」でますます編集者は不要になる?(ー'`ー;)

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

一昨日来、ウェブで話題を独占した感のある、iPadと名付けられたアップルの新タブレット型PC。映像をちらっと見る限り、からまるも愛用中のiPhoneの巨大版のように見えたのですが、実情はずいぶんちがうようです。

昨日、夜のニュース番組で紹介していたのは、電子書籍を見るソフトの美しさです。本棚のデザインがキレイだし、本のページをめくる感じが爽快そうで、かなり快適なインターフェイスになっているように見えました。

そして、この電子書籍もiTunes Storeで売ることなるのでしょう。そうすると容易に想像できてしまうのは、今現在、iPhoneで起きているアプリのゴールドラッシュと同様のことになるかもしれないということ。iPhoneのアプリにくらべれば電子書籍のプログラムなんてはるかに簡単なのでしょうから、本を出したい人は、いくらでも自分の本をiTunes Book Storeで売れるようになるのかもしれません。

そうなったら編集者は、アワワワ要らないじゃん!(ー'`ー;)

Amazon KindleとiTunes Book Storeは、流通も販路も一般に開放したところが出版界にとって衝撃的だと思います。水は低きに流れる。日本にどういう形で広まるか、どう対応するか、出版界のトップの方々が知恵を出し合っているのでしょうから、それを見守るとしても、個人個人の編集者が生き方を考えないといけないのが今年のような気がします。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年1月29日 11:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『運の管理学』の松永修岳さん開運新年会は、さすが豪華ゲストが揃って大盛況!」です。

次のブログ記事は「ニコライ・モロゾフさん『キス・アンド・クライ』明日発売!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4