ニコライ・モロゾフさん『キス・アンド・クライ』PRショートムービーをユーチューブにアップしました!

| | コメント(2)

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

いよいよ来週火曜日発売のニコライ・モロゾフさんの話題本『キス・アンド・クライ』を盛り上げようと、先々週に講談社で行った共同記者会見の様子を中心にあちこちでモロゾフさんを撮った映像を使ったPRショートムービーを作りました。

それをユーチューブにアップしているので、もしよろしかったら見てみてください。予算や権利の関係でスーパーすごいムービーではないのですが、きちんと作り込まれています。音楽は制作者のオリジナル作曲なんですよ。

こうしてPRムービーをユーチューブにアップする宣伝方法は、少なくともからまるは初めての試みです。奏功するのかどうか、一つの実験としても楽しみなのです。

 

さて。。。

 

昨日は、『キス・アンド・クライ』の話題が「週刊ポスト」「AERA」に掲載され、また日本テレビ系の夜の報道番組「ゼロ」で放送された安藤美姫特集の中で文章の引用付きで紹介されました。その二番目に引用された、

 

「喜びあふれるときも、悲しいときも、フィギュアスケートが美姫の人生そのものであることを彼女に知ってほしい」

 

というフレーズは、この本の白眉の一つなんです。ほかにもたくさん名フレーズが散りばめられ、さすがに芸術家肌の名コーチの言葉だなと思わせてくれます。

「AERA」は翻訳してくれた大野和基さんが書いてくれましたので、当方の意図がシャープに反映されているのですが、対照的に「週刊ポスト」はとてもイジワルな書き方をしてくれちゃいました。

 

――同書の内容を知る出版関係者が語る。「(中略)昨年、『週刊ポスト』が報じた"安藤との同棲生活"についても触れているかと思ったのですが、単なる自慢本という印象で拍子抜けでした」

 

......って、同棲生活の本なんて誰が読みたいんやろか。たしかにそういう期待をする方にとっては思い切り拍子抜けするでしょうから読んでいただかなくて結構ですが、でもさすが週刊誌です、きちんと日本スケート連盟の橋本聖子会長にこの本についてコメントを求めています。橋本会長は、、

 

「あれね......(と顔を曇らせる)。まだ中身を知らないんですよ。内容を見てからにさせてください」

 

とおっしゃったそうです。顔を曇らせたのは記者の方が唐突な質問をするからだと推察いたしますが、こうして連盟トップに当たり、しかも講談社での記者会見の写真を今まで取り上げていただいたメディアのどこよりも大っき~く掲載していただいたことに感謝していますヽ(^。^)丿

コメント(2)

YouTube見ました。音楽もナレーションもカッコいいですね!
でも何と言っても引用されてるフレーズやニコライさんのセリフがいい。
もっと長尺にしてほしかった〜

ムービーすっごく素敵ですっ!!
フィギュアの喜びと厳しさがすごく伝わってきます。
本が楽しみ~^^

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年1月26日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「畏れ多くも分不相応コメントを載せた『ビジネス書大賞』本日発売!」です。

次のブログ記事は「「キンドル印税70%の衝撃」は本当に衝撃だ( ̄□ ̄;)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4