キンドルのヘビーユーザーかく語りき。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

今度、仕事でご一緒する大学の先生で、長くアメリカにいらした方が、雑談でキンドルの凄さについて語ってくださいました。その方はもっぱら英語で読み書きをするので、日本人としてはもっとも早くキンドルを使い始めていて、有数のヘビーユーザーだということでした。以下にそのとき聞いたキンドルのメリットを項目整理します。大量の本を軽ーく運べる程度のことは、からまるでも気付くのですが、その他に意外なメリットがあるのです。

 

●片手でページをめくれる。

電車の中で立ったまま本のページをめくるには、どうしても両手を使います。片手でもできますが、ページがひっかかって余分な時間がかかる。でもキンドルなら持った手の親指でボタンを押すだけで、どんどんめくれるのです。

 

●だから本を読むのが早くなる。

そのため、この方も、他のヘビーユーザーの方も、本を読むスピードが速くなったとおっしゃいます。

 

●ページ単位でなくパーセンテージ単位で全体が把握できる。

いまページをめくるという言い方をしましたが、じつはキンドルの表示はパーセンテージです。「残りあと100ページ」ではなく、「残りあと40%」なのです。

 

●フォントが大きくなるから読みやすい。

フォントを自由に大きくしたり小さくしたりできます。老眼の方には吉報ですよね。また、からまるたち編集者は、フォントの大きさをどうする、1ページあたり1行に何文字入れる、1折は16ページだから何ページ減らさないといけない、などについていろいろ思案するのですが、キンドルならそんなことで悩む必要はなさそうです。ページという概念がなくなることの衝撃は、編集者のほうがむしろ大きいかもしれません。

 

●辞書機能がついている。

難解語の意味は、ダウンロード済みの辞書で画面の下に出てきます。これもかなり便利ですね。

 

どうですか? こうして聞けば聞くほど、からまるはキンドルを使いたくなってきました。キンドルにはおしゃれなカバーがあり、グッズとしてもクールです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年2月 5日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日発売のスポーツ誌「ナンバー」にニコライ・モロゾフさんのアクの強~い写真が掲載!」です。

次のブログ記事は「石塚健司さん『「特捜」崩壊』に販売担当者から新オビ製作指令下る!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4