日本時間明日からはフィギュアスケートのシングル、ちょっと見るのがツライかも。。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

キス・アンド・クライ表紙低解像度.jpgバンクーバー冬季オリンピックが始まっています。日本人選手の競技を見ていると、やっぱり世界の壁は厚いなと思う場面あり、それでもやればできるんだと思う場面ありで、胸が締め付けられますね。ただでさえそうなのですから、日本時間明日から始まるフィギュアスケートの男女シングルを見るのは、ニコライ・モロゾフさんの『キス・アンド・クライ』の制作を通じてさまざまな事情を知るにおよび、前回大会までのお楽しみ気分とは打って変わって、残酷すぎてちょっとツライかもしれません。

男子のショートプログラムのスタートリストを見ると、滑走順にステファン・ランビエール、織田信成、ブライアン・ジュベール、小塚崇彦となっていて、何の因果か織田選手はランビエール選手の、そして小塚選手はジュベール選手の直後に滑らないといけない巡り合わせになってしまいました(パトリック・チャン選手やエフゲニー・プルシェンコ選手の後よりはよかったかもしれませんが)。

本当にどうなってしまうのでしょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年2月16日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サッカー日本代表はいったいどうなってしまったんだろう?(ー'`ー;)」です。

次のブログ記事は「プルシェンコなんてコワくない!バンクーバーオリンピック・フィギュアスケートのショートプログラムで高橋選手、織田選手が好位置に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4