いつの間にかEvernote Webの日本語版ができていました。

|
こんにちは。講談社BIZのからまるです。

いろいろなiPhone本に仕事効率化アプリとして紹介されているEvernoteをからまるもダウンロードしていて、アプリ版はとっくに日本語版だったのですが、同期するウェブ版は英語版だけでした。ところが、たまたまニュースサイトを見ていたら、今月から予定を前倒しして日本語のサービスを始めただそうですね。使いやすくなりました。

とは言っても、テキスト・写真・音声でノートをつくるというトリセツがいらないシンプルな構成、iPhoneからボタン一つでPCと同期する便利さは理解できるのですが、何に使えばいいのかがまだわかりません。取材が多い雑誌記者や顧客先を回る営業マンの業務管理などには向いているのかもしれませんね。

では、どうして使いもしないアプリのことが気になっているかというと、じつは、苫米地英人さんの『夢が勝手にかなう手帳』をなんとかアプリ化できないかと思っているからなんです。日常のスケジュールに夢実現プロセスを無理なく織り込んでいくのが『夢が勝手にかなう手帳』の基本コンセプトですが、たとえばそれをグーグルカレンダーのAPIを使わせてもらって作れないか、とか、妄想を広げている最中です。

苫米地さんのファンでプログラムやグーグルのAPIにくわしい方、もしよろしかったらご教示ください。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年3月 5日 12:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「TABLE FOR TWO」が講談社社員食堂にも登場!」です。

次のブログ記事は「本日はもう一ネタ! 松永修岳さん『運の管理学』3刷決定!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4