KindleとiPadを較べて勝ち負けを予想しても......。

|
こんにちは。講談社BIZのからまるです。

編集者どうしが出会うところ、つねに話題で持ちきりのKindleとiPad(正確に言うとiPadの電子書籍リーダーアプリ)。最近では、Kindleは電子書籍リーダーとして先行してはいるもののiPadに駆逐されてしまうのではないかという予測まで耳にしました。なるほどー。

でも、なんか違う。もちろんiPadはまだ出ていないので、iPhoneユーザーとしての感覚から言うと、KindleとiPadは土俵が違うように思うのです。

KindleはたしかにiPadと同様、デバイスですが、一昨日、話題にしたKindle for iPhoneように、Kindleのユーザーはこれを自分のクラウド本棚にしています。Kindleでダウンロードした大量の本をiPhoneで持ち出して読んだり、自分や会社のパソコンで読んだりしています。Kindle for iPadというアプリもでき、Kindleの本をiPadで読むこともできるのでしょう。だから、デバイスであると同時にクラウド本棚であり、アマゾンはKindleを通じてクラウド書店になります。
 
一方、iPad(iPhone)の場合、クラウド書店はiTunesBookStoreになるでしょうが、iPadとiPhone、それらとUBSポートを通じて同期したパソコンに限定されるため(ですよね? iTunesBookStoreで買った本をKindleでは読めませんよね?)、クラウド本棚を簡単に引き出せる端末がKindleより限定的になるような気がします。
 
整理すると、アップル陣営は、iPadというマシンそのものの付加価値として書籍リーダーがあり、アマゾン陣営は、クラウド本棚の入り口としてKindleという書籍リーダーがあるということになるのではないでしょうか。
 
もろちん、カラーで見られるという点はiPadがKindleを圧倒してしまうと思いますが、からまるたちが作っているテキスト主体の本を読む分には、どっちがどっちに勝つといっても、あんまり意味がないような気がしてなりません。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年3月10日 13:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社内にしては( ̄□ ̄;)アッパレな本、佐々木俊尚さん『マスコミは、もはや政治を語れない』」です。

次のブログ記事は「いい記者の条件は仮説の引き出しが多い人。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4