Kindle本をiPhoneとPCで読むと......。

|
こんにちは。講談社BIZのからまるです。

Kindleはアマゾンでしか売っていないので、購入者がアマゾンのアカウントを持っていることは明白なため、アマゾンからKindle owner向けにいろいろなサポートメールが届きます。先日届いたメールは、こんな見出しでした。

FREE Kindle for PC and Kindle for iPhone

なんだ、そういうものがあるのか。無知をさらけ出すようですが、たしかにApp StoreにはとっくにKindleの無料アプリが準備されていたのです。さっそくダウンロードしてみました。そうすると、Kindleで買った本のみ、いつの間にか同期しています(取り込んだPDFファイルは不可)。画面がデフォルトの明るさだと光が強いように感じるので、設定で明るさを調整して少し暗くすると、Kindle本体ほどではありませんが読みやすくなります。

なんといっても、本を読むだけなら本体より操作がラクです。Kindleより軽いのはもちろんですが、スクロールが意外や横方向なので、指で左へ送るだけでページがめくれます。来たるべき縦書きの日本語対応版なら、きっと右へどんどん送って読めるのでしょうから、かなりめくりやすいかもしれません。

PC版のほうもダウンロードしてみました。こちらも不思議なことに、いつの間にかKindleで買った本が同期しています。マウスでテキストに直接何らかの操作をすることもできなければ、プリントアウトもできませんが、ページの枠が自由自在に広がるのが面白いですね。フォントの大きさも自由ですから、たとえばもっとも小さなサイズのフォントで、ページの枠(版ヅラというやつですね)を最大限に広げると、膨大な量の文字をいっぺんに読むことができます。こうなると、本を読むというより、からまるはよく編集作業中にするのですが原稿全体を見通すという感覚です。思わず赤字を入れたくなりました(ウソ)。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年3月 8日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さらにもう一ネタ! 新ノンフィクションメディア『G2』シンポジウム「激論 デジタル出版の未来」が堀江貴文さん他の参加で明日開催!」です。

次のブログ記事は「社内にしては( ̄□ ̄;)アッパレな本、佐々木俊尚さん『マスコミは、もはや政治を語れない』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4