無料ダウンロードした文春新書をキンドルで読む!

|
こんにちは。講談社BIZのからまるです。

昨日書いた文春新書(岩瀬大輔さんの『生命保険のカラクリ』)無料ダウンロードの話には続きがありまして。。

キンドルをPCのUSBポートにつなげると、PCにあるPDFファイルを読み込んでくれます。からまるもやってみました。キンドルをつなぐと「kindle」という外部フォルダがPCにできますので、その中の「ドキュメント」フォルダに『生命保険のカラクリ』のPDFを保存します。いったんキンドルの接続をはずしてホーム画面を見ると、いつの間にかpdfとアタマについたアイテムが、もちろん日本語に対応していませんが、表示されています。

文春新書キンドル.jpgこれをメニューボタンで立ち上げると、写真でご覧のように(深夜に撮ったので黄色っぽく見えてしまっていますが)、PDFとまったく同じデザインのものをキンドルで読むことができます。ただし、文字を大きくするなどのオペレーションはできません。画面にきっちり1ページ分表示されますが、ちょっと文字が小さい感じますね。

また、ページをめくる際も、PDF形式のせいか、いったん黒白反転するので、キンドルに適したフォーマットでないとめくりにくいようです。

まあそうはいっても、これで来るべきキンドル日本語版の視覚的なイメージが湧いてきました。からまるにとって初の「キンドルで読む日本語の本」にもなったのです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年3月 3日 12:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日はもう一ネタ! 『バブルの興亡』の徳川家広さんがBSフジの「プライムニュース」に明日登場!」です。

次のブログ記事は「「TABLE FOR TWO」が講談社社員食堂にも登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4