目標を達成する以前に目標そのものがわからない......。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

最近なんとなく、自己啓発系の企画が思いつきません。たんにアタマが悪いからに過ぎないからかもしれませんが、思いつくのは、もっとスピリチュアルなほうに座標軸が寄った感じなのです。思い切り振り切るところがないと、自分でも面白くないし、読む方もきっと面白くないだろうなと思うのです。

たとえば、目標を達成するとか、そのために交渉術に長けるとか他人の心理を読むとか、そういったノウハウやモチベーションの高め方が必要なのは、当然ですが目標がある場合です。でも最近どうなのでしょう。その目標そのものがわからない。目標って何か教えてよ――。

今からまるが読んでいる原稿にもそういう指摘が登場するのですが、今は、将来が不透明であることだけは確実に予測できるようになったようです。とすると、目標というのは、将来も確実に存在する自分の中にしかないのだと思います。だから、定まった目標を達成することではなく、目標を見つけること自体が自己啓発なのかもしれません。

からまるの周辺では、テレビドラマが話題になるなんて何年もなかったことですが、NHK大河ドラマの「龍馬伝」のことが寄るとさわると議論になります。とくに出版業界では「グーグルゾン」を黒船のように受け止める空気があるので、ますますなのですが、そんなことよりも、幕末の志士たちの、新しい時代の新しい目標に飢えているところが、今の時代とぴったり重なるように見えます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年3月16日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界の中心にコノヤローと叫ぶ。」です。

次のブログ記事は「抱腹絶倒!野口美恵さんのバンクーバーオリンピック帰朝報告呑み!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4