大政局に入った現実の政治とシンクロしながら『官邸敗北』校了に向かい中!

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

連日、からまるの仕事ぶりも含めてご紹介している長谷川幸洋さんの『官邸敗北』、今日は再校ゲラが出てきました。来週明けには校了です。書籍の進行としてはけっこう無理目のスケジュールで、さきほど校閲担当者さんにゲラを手渡したら、ちょっぴりうつろな目と力の抜けた笑顔で迎えてくれました。

今日の新聞夕刊はどれも、前原国交大臣が、昨日の小沢一郎幹事長の「高速料金無料化と言っていたのにおかしいじゃないか」と高速料金の新体系に待ったをかけたのに対して、発表通り見直さないと記者に言ったのがトップ記事になっていました。

 

あれ? 鳩山総理はどっちなの?

 

もう政策論争ではなくて、民主党内の政治家同士の争いになってきたのではないでしょうか。こういう政治家の闘争を「政局」といいますが、政局ニュースが世間を賑わせるのとシンクロするように『官邸敗北』も着々と進行しています。

発売日は、首都圏で5月20日の予定。どうぞお楽しみに!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年4月22日 18:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『官邸敗北』の表紙はこんな感じでまるでミステリー小説のよう&本当にミステリー小説のようになってきた鳩山官邸。」です。

次のブログ記事は「電子書籍の話題はまだまだ沸騰中なのですが。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4