『官邸敗北』異例の日経新聞半5段広告が効いた!

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

長谷川幸洋さんの新刊『官邸敗北』の広告を本日の日本経済新聞3面に掲出しました。まあ宣伝方法としましては、いまどき化石のようなやり方ではありまして、ただ面積が大きいからといって本の売れ行きに即座に結びつくとはけっして言えないのですが、この『官邸敗北』については効きましたね。

鳩山総理が苦渋の表情を浮かべる写真を新聞社のフォトバンクから購入して大きく使い、オビとは少し違う新聞宣伝用のコピーをつけるなど、いろいろと工夫しました。書籍宣伝部もノウハウを発揮していいレイアウトになったと思います。

また、普天間基地移転問題が明らかに暗礁に乗り上げ、鳩山総理は連立政権がもつのかどうかの瀬戸際(社民党は離脱しないとつじつまが合わないと思いますが)に追いつめられたタイミングで出たことで、リアルなニュース性を感じていただいているだろうと思います。こうなる事態を予測して刊行のタイミングを測ってきたわけですが(ビッグマウス)。。

もちろん、この官邸敗北をもたらしたのは、鳩山総理個人の資質に帰することはできないという、本書の問題設定の高さも興味を持たれたのだと思います。本日のアマゾンランキングは31位まで上昇、もっともっといきたいです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年5月25日 18:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アマゾンさん&イースト・プレスさん「マトグロッソ」の衝撃。」です。

次のブログ記事は「ワールドカップ期間限定の電子雑誌「theWORLD」頑張ってください。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4