キンドルの特徴は「いろんな情報通信端末でキンドルの電子書籍が読めることが大事」に尽きるかも。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

昨日の「サンケイビズ」によりますと、アマゾンの社長がキンドルの日本展開を年内にも行うことを会見で示唆したようですね。ジャスパー・チャン社長は、

「いろんな情報通信端末で、キンドルの電子書籍が読めることが大事」

と発言したそうですが、キンドルの特徴はこの一言に集約されていると思います。からまるもたまーにですが「Kindle for iPhone」で本を読んでいまして、デバイスとしてのキンドルは家に置きっぱなしなのです。

ところで、からまるの周囲でも徐々にiPad所有者が増えつつあります。先週、いっしょに取材旅行した島田裕巳さんも予約で早くも発売日にゲットしていました。からまるの場合、仕事上、使えないわけにはいきませんが、差し迫ったニーズを感じているわけではなく、飛びつくところまで気持ちが盛り上がりません。いつになったら正しいiPadユーザーになるのでしょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年6月 3日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鳩山総理が退陣会見で強調した「国民の声との距離」と『官邸敗北』が描いた官邸内部の問題」です。

次のブログ記事は「ここを訪れずして新興宗教を語るな!天理教教会本部に圧倒されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4