ブクログのパブーでからまる処女出版!

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

以前に予告したとおり、ブクログが提供している、無料のお気楽電子書籍出版サポートサービス「パブー」で本を出しました! からまるの処女出版なのです( ̄□ ̄;)

といっても、本にしたのは数年前に書いた「イフ 歌舞伎町で起きた奇妙な物語」という4つの短編連作ミステリー小説で、パブーが提供している手順に則って、4つの章を作成し、それぞれテキストを貼り込んで作っただけの「出版」。有料公開も可能で、その場合は印税として70%!!が著者に支払われる仕組みになっているのですが、もちろんからまるは無料公開。管理画面をチェックすると、アップしてから1日で16人の方にダウンロードしていただいたようです。

この程度の作品ではしょーもないとは思いますが、たとえ印税70%といえども、これを収入にしていくのは、まだまだ電子書籍環境が未熟な段階では、想像しにくいですね。そういう実感を得たいために試みたことではあるのですが。

でも、感想とかアドバイスとかをもらえると、単純にうれしくなって、もっといいものを書いてみたいと思うんでしょう。パブーにはそういう機能もあるのですが、いまのところリアクションなし。考えてみれば、そういうリアクションこそ編集者の役割の一つでもあります。もし自分が書き手だったらしてほしいことを、より的確に。改めてそう思しました。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年7月12日 18:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「財政法第4条の呪縛。」です。

次のブログ記事は「サッカー日本代表「谷間の世代」はどうしてポテンシャルを開花できたんだろう?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4