土曜日曜で350ページを完全読破させられた超面白い原稿。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

素晴らしい原稿が来ましたよ。本のページ数に換算して、ゆうに350ページを超える分量のものですが、からまるはこの土曜日曜の二日間でチェックを入れながらも完全に読破してしまいました。著者の方はこれをわずか数週間で一気呵成に書き上げたというのですから、またすごい。

「価格」を戦略的に使うと、いかに思ってもみないお客さんにまでリーチできるか、ミクロ経済のロジックと現実に起きていることを観察して書かれた読み物なんですが、これが役に立つだけでなく面白いのなんの。「価格」という平凡なテーマをこんなにわくわくする波瀾万丈の物語に仕立て上げられるのは、この方しかいらっしゃらないでしょうね。実際、過去にもベストセラーを出したことがあるのです。

悩ましいのはタイトルです。この面白さをどうタイトルにすれば伝わるのか。考えどころです。

この本は11月に刊行予定。4ヵ月6企画進行(先週までは7企画進行だったのですが、さすがにシンドすぎて1企画減免してもらいました)の一冊です。どんな本になるのか、途中報告もしますので、お楽しみに!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年8月16日 18:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「来る日も来る日も仕事は続く(当たり前)。」です。

次のブログ記事は「経済史とはカネと欲望の事件史でもありますね。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4