経済史とはカネと欲望の事件史でもありますね。

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

明日は経済界の某大物取材。久々に緊張しますねー。昨年一度、ご挨拶だけはしたのですが、1970年代半ば以降の経済史を彩ってきた方なので、どんなお話にも他にない凄みがあるのです。

その取材のために、じつはからまるは先々週の1週間の夏休み中、ソウルに出かけた3日間を除いて、ほぼ毎日、文献読みと資料作りに当たっていたのです。話題が多すぎて、準備しても準備しても足りないくらい。しかし作業しながら改めていろいろな経済事件を思い返してみると、日本経済史というのは、欲望の塊みたいな人物たちの事件史でもあるのですね。「乱脈経営」なんて、いったい幾千あったのか。そんな気持ちになります。

1回目の取材は明日の10時半から。これは楽しみ。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年8月17日 18:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「土曜日曜で350ページを完全読破させられた超面白い原稿。」です。

次のブログ記事は「明日は島田裕巳さんと伊勢神宮!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4