フィギュアスケートシーズン本格開幕!そしてあの人は......?

|

こんにちは。講談社BIZのからまるです。

フィギュアスケートの新シーズンが本格開幕し、グランプリシリーズの初戦となったNHK杯が先週金曜日から日曜日にかけて名古屋で行われました。結果はご存じの通りで、男子では高橋大輔選手が他の選手とは別次元のパフォーマンスで優勝しました。パトリック・チャン、アダム・リッポンといった他の有力選手がどんな点数を出すのかは今週にカナダで行われるシリーズ第二戦を見ないとわかりませんが、今季の高橋選手、ぶっちぎりでいってほしいですね!

キス・アンド・クライ表紙低解像度.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像その中で、ショートプログラム4位ながらフリースケーティングで高橋に次ぐ2位に入って総合3位になったのが、フランスの若手、フローレン・アマディオでしたね。今年のバンクーバーオリンピックではフランスのエース、ブライアン・ジュベールが絶不調で、その代わり若いのにフランスを代表して頑張っていました。そのコーチが、あのニコライ・モロゾフさんです。

からまるにとって今年忘れられない一冊、高橋大輔選手や安藤美姫選手に対する指導の軌跡をたっぷり描いた『キス・アンド・クライ』の著者でもあります。シロウト観察で申し訳ありませんが、ルール変更をうまく使ったプログラムで結果を出したように見え、そうだとしたらさすがではないでしょうか。

でも、オリンピック前に来日したおりに本の制作スタッフで寿司屋で打ち上げをしたとき、今度日本に来るとはミキといっしょに呑もう!なんて調子よく話をしていたのに、連絡がないなー(ー'`ー;)

このブログ記事について

このページは、karamaruが2010年10月25日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「吉本佳生さんの新刊タイトルは『マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか』」です。

次のブログ記事は「『ヘーゲルを総理大臣に!』は「政治=カネという部分をバサっと断ち切っていただける哲学」、まさに!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4