苫米地英人さん『夢が勝手にかなう手帳 for iPhone』ちら見せ。

|
苫米地手帳表紙.PNGこんにちは、からまるです。

昨日からアップストアで販売開始しました苫米地英人さん考案の夢実現ツール、『夢が勝手にかなう手帳 for iPhone』。苫米地さんが早速、ブログで宣伝してくれました。どうもありがとうございます!

それにしても、電子書籍やアプリというのは、iPhoneのキャプチャー画面撮影機能を使って画像を自由に使えるところがいいですね。『夢が勝手にかなう手帳 for iPhone』のキャプチャー画面をいくつか見てください。

いちばん上にあるのが「表紙」に当たる部分です(「表紙」だと紙ですから、ホントは他にもっと適当な名称があるのでしょうが)。ブルーがキレイでしょ? ここに苫米地さんが作成したルー・タイス式のアファメーションの言葉が全部で19本、日替わりで登場します。

苫米地手帳Words.PNG
次にあるのが、「表紙」の左下にある「Words」というボタンを押したときの画面です。

昨年の紙版の『夢が勝手にかなう手帳2010』をご購入いただいた方にはおわかりでしょう、あの手帳に1日1本ずつ入っていた、苫米地さんの著作から選りすぐって引用した金言全365本をここに収録していて、それらがアトランダムに登場します。OKボタンで閉じてもう一度押すと、ちがう言葉が出てきますので、一日何度やっても飽きないと思いますよ。

最後にあるのが、ゴールを作成した上でアクションまで記入した一例。この例では一つしかありませんが、一つの「ゴール」について「ゴールコンフォートゾーン」はいくつでも書くことができます。また、「ゴールのイメージ」にはテキストだけでなく画像を取り込むことができますし、「ゴールコンフォートゾーン」はツイッター投稿が、「アクション」はカレンダー登録が可能です。

苫米地手帳キャプチャー.PNG
すぐにできるようなシンプルな設計ですが、使い方によってどんどん奥が深くなっていくと思います。生かすも殺すもユーザー次第ということで、からまるももちろんこっそりゴールを作成しているのです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年1月13日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苫米地英人さんの夢実現アプリ『夢が勝手にかなう手帳 for iPhone』本日販売開始っ!」です。

次のブログ記事は「楽しみな執筆打ち合わせが続き、充実の一週間でした。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4