「ビジネス書大賞Biz-Tai2011」ノミネート作品で迷いに迷い。

|

こんにちは、からまるです。

一昨年に創設された「ビジネス書大賞Biz-Tai」。その2010年度は一昨年に『ブラック・スワン』(ナシーム・ニコラス・タレブ、ダイヤモンド社刊)を大賞に選んで授賞式を行って締めくくりました。今年はどうするのかなと思っていたのですが、2010年12月までに刊行された本を対象に行うことになったそうです。

からまるもノミネート作品を3冊推薦するんですが、例年通り偏った読書をしているので激しく迷いますね。正確にいうと、2冊まではすんなり決まったんです。でもあと1冊をどれにするか、なかなか決まらなくて。。

実行委員会事務局を務めていらっしゃるディスカヴァー・トゥエンティワンの方が書店売り上げデータを基に参考資料として作成した、今回対象となる2009年11月から2010年12月に出たビジネス書売上上位560冊(新書を除く)を見ても、ちょっとピンと来ない感じがしています。多彩な本が並んでいますが、どれも2010年の空気を表すにはいささか力不足な感じがするのです。

理由の一つは、新書を除いているためでしょう。ビジネス書ジャンルで新書に好著が輩出したのが2010年の特徴だったような気がしますね。それはからまるも迷わずノミネートしたアノ本があるせいかもしれません。

他の理由は、2010年の空気が政権交代に対する深い失望感に彩られていて、その喪失感、無力感があるせいだと思います。もちろんポジティブな出来事もたくさんありました。ツイッターやスマートフォンの普及もその一つ。関連書がたくさん出ましたし、からまるも読みました。でも2010年に爆発的に起きた新しい潮流ではありません。同じ劇の最終幕を見ていたのが昨年だったのかもしれません。

あと1冊。同じ劇の最終幕。だったらこれかな? ビジネス書でなくてもいいかなあ?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年2月10日 16:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ばらばらになった人類の記憶をまとめ直したような。」です。

次のブログ記事は「吉本佳生さんと西田宗千佳さんの本が同じ「ブレジデント」最新号に紹介されるシンクロ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4