青沼陽一郎さん、福島原発20キロ圏内からの報告。

|
こんにちは、からまるです。

旧知のジャーナリスト、青沼陽一郎さんが先週から今週にかけて、福島原発20キロ圏内に入って単独取材をしてきました。その成果は昨日発売された「週刊文春」にくわしく掲載されています。

この期間、原発20キロ圏内で取材をしている記者はほとんど存在しません。AFP通信代表の山路徹さんくらいのようで、じっさいに青沼さんと山路さんは現地でたまたま遭遇したのだそうです。

記事は放射能のことなど何も知らない猿たちが何匹も佇んでいる場面で終わります。なかなか文学的な表現で、これは往年の映画「猿の惑星」に託した原発の近未来イメージなのかとからまるは想像したのですが、まったくそうではなくて、猿を媒介にした二次的な放射能汚染がありはしないのかという疑問を投げかけたのだそうです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年3月25日 18:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「細井智彦さん『転職面接必勝法 実践編』無事に印刷完了!」です。

次のブログ記事は「お母さん方の心をきっと解放できる原稿来ました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4