ヒマだから読書をしているのではありませんよ。

|
こんにちは、からまるです。

......で、昨日のエントリの続きのような話なのですが、いま「ビジネス書大賞」の二次審査の準備をしているところです。一次審査の得票上位9冊(10位に同点があったため9位までになったのだそうです)のうち、これまでからまるが読んでいたのはわずか4冊に過ぎませんでした。あとの5冊は高い評価を知っていてもまだ買っていないものばかり。

早速、この5冊を購入して、積んだ順番に読んでいます。さすがにいい本ばかりですね。ビジネス書の書き手の水準の高さ、そして志の高さを感じますよ。読んでよかったと思います(今までのところは)。

賞の審査に参加する意義は、こうして強制的に本を読まされることにあると思います。ただし、いま資料用の本を大量に読まなくてはならない時期と重なっているため、鞄の中には常時4冊くらいの本が入っていて、移動中の電車内ではぜんぜん時間が足りず、地下鉄の駅のエスカレーター上でも読んでいるくらいです。会社のデスクで読書していると仕事をサボっているように見えるのがツライところ。「そんなにヒマなら忙しいわたしの仕事を手伝ってくださいよ」と言いたげな目でのりたまがこちらを睨んでいます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年3月 3日 14:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出版業界にもいろんな賞があるが審査員72人というのがすごい「宣伝会議賞」。」です。

次のブログ記事は「ゲラを読むことになった今月末発売の新刊は、滝川クリステルさんの初エッセイ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4