島田裕巳さんの新刊、だんだん姿が見えてきた。

|
こんにちは、からまるです。

今週の月曜日は宗教学者の島田裕巳さんと打ち合わせでした。昨年、この日記でもたびたび書きましたね。沖縄のセイファーウタキに始まり、玄界灘の沖ノ島で終わった全部で8ヵ所の聖地巡りの旅をもとに書かれる本。それについての打ち合わせです。

打ち合わせのメインは表紙作り。からまるはまったく対照的な2通りのイメージで考えていました。一つは、『日本の8大聖地』といった感じのタイトルで、ハードカバー、表紙には御神体となる山の写真を神々しく扱うという方向。もう一つは、『聖地にはこんなにも秘密がある』といったちょっと軽めのタイトルで、ソフトカバー、表紙には聖地にある建物や岩などを素材にしたペン画をどなたかに描いてもらう。

ご提案したところ、秒速で後者の方向で決まりました。じつは『聖地にはこんなにも秘密がある』というのは、島田さんがいちばん新しい原稿を送ってきたメールの見出しに書かれていたもの。一目見て、これいいなと思ったのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年3月 9日 15:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』に影響され校了済みのオビを書き替える。」です。

次のブログ記事は「細井智彦さん『転職面接必勝法 実践編』校了作業が佳境!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4