ゴミ投資家にできること。

|
こんにちは、からまるです。

からまるはじつは零細個人株式投資家、通称ゴミ投資家でもあります。証券会社からはまったく相手にされないので、自分で考え自分で投資をしています。こう見えても投資歴11年。ピンと来る方はすぐわかるように、あのITバブル崩壊の頃から株式投資をしていますので、ほとんど儲かったことがありません( ̄□ ̄;)

株式相場が大暴落した一昨日と昨日、からまるはなけなしの小金をかき集めて株を買いました。いまどき株を買うなんてバカか、他人の不幸に乗じて金儲けをたくらむ我欲(C石原慎太郎)人間かと思われるでしょう。

でも、たとえば製造業の場合、被災地で工場がダメになっただけで、高い技術と社員のモチベーションまでダメになったわけではありません。からまるも講談社という会社のサラリーマンだから感じますし、講談社程度の会社でもそうなのですから、この危機的状態で仕事をおろそかにする人は、東証一部に上場して長く評価されてきた会社のDNAにはないはずです(おそらく東京電力の現場社員にも)。災害はこうしたDNAには及ばないのです(「災害に売りなし」という兜町の格言もあります)。

たしかに募金するという方法もあります。からまるは以前、インド洋大津波のときは、しかるべきところにドルで募金をしました。でも今回は立派な会社の株式を買うことで支えたいと思います。支えるなんておこがましい、本当に微々たるものですが、一刻も早く工場や設備を建て直してほしい。そのためなら期末配当なんてなくてもいいと思います。

今日の株式相場は売られすぎが修正されて上昇しました。でももし明日、また暴落したら買うでしょう。明後日も暴落したらまた買うでしょう。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年3月16日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「福島原発前」の日常にはもう戻れない。」です。

次のブログ記事は「業界全体に震災被害が影響。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4