震災後に起こるであろうさまざまな現実に対して法律は使い物になるのか?

|
こんにちは、からまるです。

今日の午後はこれから出す本の打ち合わせでした。法律のいろいろな問題を堅苦しくなくエンタメ寄りに取り上げようと思っていまして、じつは震災前に構想していたものから項目をかなり見直そうとしてきたのです。

で、今日の打ち合わせで、見直しの方向が見えました。見えたどころか、震災後に起こるであろうさまざまな現実に対して法律がいかに無力か、より正確に言うと、いままでごまかしごまかし運用してきて、それに対する批判がけっこうあった法律や制度の限界が、ついに臨界に達してしまうことがわかったのです。

従来の日本の制度や法律の役に立たないものを抜本的に改革するために、震災の教訓を生かす。これも出版の役割の一つだと考えています。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年4月 4日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『転職面接必勝法 実践編』オマケムービーをユーチューブにアップ!」です。

次のブログ記事は「検尿はどこでする?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4