安藤美姫選手4年ぶり世界選手権優勝は素晴らしい。

| | コメント(2)
こんにちは、からまるです。

仕事のゴールデンウィーク中の出来事でとりわけうれしかったのは、フィギュアスケートの安藤美姫選手が世界選手権で何と4年ぶりとなる2回目の優勝を飾ったことでした。あの厳しい競技で4年ぶりというのが素晴らしい。

4年前の東京大会で逆転優勝したときは、その瞬間から安藤選手はキスアンドクライで大泣きで、優勝インタビューでも嗚咽でしゃくりあげてしまって、一体何を喋っているのかよくわからないくらいの状態でしたが、今回は対照的にクールで、ロシア語のインタビューに英語で受け答えをしていました。18歳から22歳に、そして活動拠点を海外にしたこの間の成長が目に見えるようでした。
キス・アンド・クライ表紙低解像度.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

でも、それなのに、安藤選手はからまるの周囲にいる女性たちの間であまり人気がないのです。「真央ちゃんは大丈夫なのか」と心配する人はたくさんいるのですが、安藤選手のことはあんまり気にされていない感じ。からまるなどはらはらし通しでしたが、今シーズンの安藤選手はとても安定しているので、心配も何もないということなのかもしれません。

その人気のなさはたぶんコイツのせいだろう、と突っ込まれそうなのがコーチのニコライ・モロゾフさんの存在なのでしょう。ニコライの本『キス・アンド・クライ』を出したのが昨年初め。いまもしっかり売れています。ニコライの安藤選手に対する思いの深さは、リンクサイトにいる彼の表情を見ても想像できますね。安藤選手のときと他の選手のときではぜんぜん違います。

でも、だからこそ、この2人の来シーズンはもっと高い境地に行けそうな気がします。来シーズンは今シーズンの出来さえ通過点だったと思えるくらいの活躍を期待しています!

コメント(2)

安藤美姫選手を応援しています。
ニコライ・モロゾフ氏の「キス・アンド・クライ」も購入しました。
難しいとは思いますが、五輪を経て世界女王に再び輝いた彼女の軌跡を追った企画欲しいなーなんて期待してしまいます。

yokoさんどうもありがとうございます!
そうですねー、企画したいとは思っていますが、時間かかるでしょうね。。。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年5月10日 12:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビンラディン殺害、アルカイダ文書押収を機に『グローバル・ジハード』研究は精密化するかも。」です。

次のブログ記事は「東京電力の個人株主の一人としては複雑だ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4