東京電力の個人株主の一人としては複雑だ。

|
こんにちは、からまるです。

白状しますと、じつはからまるもゴミ投資家として、全国で60万人いる東京電力の個人株主の一人なのです。今年度の株主総会の招致状がまだ来ませんが、例年ですと来月下旬ですよね。私はじつはまだ一度も総会に行ったことがありませんが、いつも招致状を見ている限りでは、例年、原発関係で株主提案が行われ、それを会社が片っ端から葬り去る展開のようです。

今年はどんな展開になるのか、たいへん注目されるでしょう。3月下旬に購入した新規株主も多いでしょうし。今年こそ行くつもりですが、そうとう早く会場に着かないと中に入れないでしょうね。

政府がいち早く東電の減資をしない(株券を紙くずにしない)と決定したことで、ホッとするような、けれどもそれでいいのかという思いで、けっこう複雑です。政府が、配当金をアテにしている高齢者のために東電は安定配当することが望ましい、それが株式市場の安定につながるという見解を出したことがありますが、それはどうでしょうか。株式市場全体にまで言及するのは減資をしないこと、そしてその分を国民負担でまかなうことの正当化に聞こえてしまいますし、高齢者を守るというのも世代間不公平感をあおるだけので、あんまり筋がよくない感じがします。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年5月11日 15:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「安藤美姫選手4年ぶり世界選手権優勝は素晴らしい。」です。

次のブログ記事は「ダメだ今日は時間ないや」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4