シャープのガラパゴス、呆気なく撤退。

|
こんにちは、からまるです。

昨年の10月中旬、家電見本市「シーテックジャパン」で大々的にお披露目された様子を見学し、この日記で記事もエントリしたシャープの電子書籍デバイス「ガラパゴス」が、なんと発売から10ヵ月で撤退するそうですね。あんなに気合いが入っていたのに。

会社が支給したソニーのリーダーのほうは徐々に台数を伸ばしているという情報は聞きます。からまるも1冊小説を読んだのですが、でも、その後はお留守になってしまっています。周囲を見ても、電子書籍デバイスが爆発的に売れていくという実感があまりないですね。

たぶん、「キンドル」のように、デバイスだけでなく、電子書籍のライブラリーがクラウドになるところまでいかないと、電子書籍の本当のメリットが感じられないのではないでしょうか。あっという間にダウンロードでき、スマホでもどんなデバイスでも即座に読みかけたところから読み始められる。この快感が電子書籍と紙との違いのような気がします。やっぱり「キンドル」日本版が待たれちゃいますね。

iPhoneと同様、デバイスの決定打が米国製というのは、致し方ないのでしょうか。
 
 
 
注→その後、会社側から撤退ではないという発表がありました。上記のエントリは当日の新聞紙上の記事に基づいて書きました。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2011年9月16日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「逃げたらあかん!」」です。

次のブログ記事は「藤沢にて田島昭宇さんの画稿を受け取る!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4